Dragon’s Eye

龍淵に潜む季節になりました。天龍寺の龍のてぬぐいをバックに井筒俊彦氏の青龍の天目酒杯とゲンノショウコの花を合わせてみました。 写真を撮っている間に龍が花を食べてしまいました。(笑)

ドラゴン花筏

ヤナギハナガサの花はすぐにポロポロと落ちてしまいます。井筒俊彦氏の天目酒杯で花筏風に。 落ちた花が偶然にも龍の紋様とマッチしてドラゴン花筏になりました。

Rose Light

井筒俊彦氏の紫光天目と薔薇の花びらです。 井筒氏の天目釉に薔薇の花びらが反射してすごくいい感じに輝いています。

Forget me Not

井筒俊彦氏の青龍の天目と勿忘草。Forget me not をハイフォンで繋ぐと勿忘草になります。 「神様の御用人」という小説には、人に忘れられつつある神様(龍)の話が出て来ます。神様への祈りを忘れないで・・・

朱に染まる

井筒俊彦氏の紫光天目に木瓜の花を浮かべてみました。天目勇に木瓜の花の朱色が染まっていい感じです。 花二輪で・・・。木瓜の赤が鮮やかに映えます。

ドラゴン桜

そろそろ受験の季節ですね。今年も無事に桜が咲きますように。 桜は花屋さんで手に入れた早咲きの山桜です。器は井筒俊彦氏の天目酒杯。

薔薇と紫光天目

井筒俊彦 氏の紫光天目に淡いピンクの薔薇を合わせてみました。 この薔薇の花は買った時はもう少しパープルな感じだったのだけど、生けているうちにピンクになってしましました。

茶花と紅葉

先日仏像展に行って仏像の美しさに改めて感心したので、手持ちの阿修羅像と合わせてみました。 酒杯は井筒俊彦 氏の紫光天目。 これはその仏像展で思わず買ってしまった帝釈天像。

紫光に輝く酒杯

最近手に入れた井筒俊彦氏の紫光天目の酒杯。紫色は写真で表現するのが難しいのですが、上手く撮れました。花びらは皇帝ダリアの花びらです。 こちらは紅葉を浮かべて。微妙に感じが違うのは中に浮かべる色の関係かもしれません。

晩秋の香りに酔う

いい香りがしてきたと思ったらあっという間に花が散ってしまった金木犀。 酒器は山田幹夫氏 油滴天目。 まるで彗星のようでした。 酒器は清水焼 井筒俊彦氏。