Dropped Camellia

城南宮のしだれ梅と落ち椿の庭(の写真)を背景にして森里龍生氏の椿絵の酒杯(赤)です。 同じく城南宮の苔庭に落ちた椿を背景にして森里龍生氏の青い椿絵の酒杯です。

Winter Lady

冬の花の中でも大好きな乙女椿が咲き始めました。井筒俊彦 氏の天目と。 冬の夜に佇む乙女、寒椿。陶芸作品と葉っぱの緑と酒杯の模様がマッチしました。

Cherry Blossom blooming

京都では桜の開花宣言がでましたが、ご近所のお寺の桜も咲き始めました。 ハクモクレンも咲き初めです。 お気に入りのハクモクレンを背景にして、Shu-ZEN. 椿もまだまだ咲いています。 落ち椿を背景にして、Shu-ZEN … Continue readingCherry Blossom blooming

乙女の恥じらい

乙女椿の季節になりました。和泉良法氏の天目と合わせてみました。 ピンク色が天目酒杯に映えていい感じです。

冬の二条城にて

梅と椿の花を見るために二条城へ行ってきました。唐門はいつ見ても美しいです。 二条城の梅林の白梅です。本格的にはもう少し先でしょうか。 正門から清流園に向かう参道沿いには椿がたくさん植えられています。 唐門でShu-Zen … Continue reading冬の二条城にて

酒杯に落ちた椿

樹に咲く椿も美しいけれど、落ち椿の儚い美も好きです。 まさに「わびさび」です。酒杯は古川剛 氏の窯変暁彩平盃。わびさび感が溢れる酒器です。

落ち椿と酒杯

椿も咲き始めました。落ち椿一号です。森里龍生氏の酒杯と合わせてみました。 同じく森里瀧生氏の酒杯(辰砂)で。

詫び寂びの酒膳

八幡市の松花堂庭園外苑にある水琴窟です。ここは訪れる人も少なく、ゆっくりとその音色を聞くことができます。 水琴窟をバックに「詫び膳」。 馬酔木の花を添えて。 ここは椿の花でも有名です。落ち椿の花で然膳。 詫び寂びの雰囲気 … Continue reading詫び寂びの酒膳

椿と馬酔木

今日は天気が良かったので嵐山へ早春の花を撮りに出かけました。 写真は天龍寺の庭園に咲く馬酔木の花です。 少し色の違った馬酔木。 有楽椿です。 福鼓椿。この鈍色の赤がいいですね。 落ち椿で Shu-ZEN。 赤椿の酒器と馬 … Continue reading椿と馬酔木