Camellia Girl

真鍋元気 氏の酒杯に乙女椿。真鍋氏の酒杯は青色が知られていますが、この朱色もお気に入りです。 こちらは竹村 陽太郎 氏の酒杯に乙女椿。ほんのりとピンクかかった器がお気に入りです。 椿の花には沢山の種類があって判別が難しい … Continue readingCamellia Girl

ZEN Garden

建仁寺の枯山水の庭(の写真)を背景に陶芸教室作品で華盃。 砂の波紋は時間を止めてくれるような趣があります。 それにしても・・・戦争は馬鹿げてる。その波紋は自らを破壊する・・・。

Ripples

枯山水の砂紋をイメージして作った陶芸作品。雰囲気は出来たので、再チャレンジしよう。 横から見ると詫び寂び感が出ているかな。

Dropped Camellia

城南宮のしだれ梅と落ち椿の庭(の写真)を背景にして森里龍生氏の椿絵の酒杯(赤)です。 同じく城南宮の苔庭に落ちた椿を背景にして森里龍生氏の青い椿絵の酒杯です。

青の幻惑

鎌田幸二氏の窯変翠青天目の酒杯に落ち椿を合わせてみました。この酒杯は撮影中に割ってしまった器なんですが、この華盃の撮影用になら使える感じです。 お酒を入れると蒼が一層際立ちます。鎌田氏の器のマジックです。

酒杯に落ちた椿

樹に咲く椿も美しいけれど、落ち椿の儚い美も好きです。 まさに「わびさび」です。酒杯は古川剛 氏の窯変暁彩平盃。わびさび感が溢れる酒器です。

落ち椿と酒杯

椿も咲き始めました。落ち椿一号です。森里龍生氏の酒杯と合わせてみました。 同じく森里瀧生氏の酒杯(辰砂)で。

落ち椿の酒膳

ご近所のお寺には椿の樹がたくさんあります。今の季節は落ち椿があちらこちらに。 その落ち椿を添えて酒膳に。 詫び寂びの景色です。 朽ちていく花もいとおかし。 こんな写真を境内の裏で撮っていると、たまに通りすがりの人に見つか … Continue reading落ち椿の酒膳

椿と馬酔木

今日は天気が良かったので嵐山へ早春の花を撮りに出かけました。 写真は天龍寺の庭園に咲く馬酔木の花です。 少し色の違った馬酔木。 有楽椿です。 福鼓椿。この鈍色の赤がいいですね。 落ち椿で Shu-ZEN。 赤椿の酒器と馬 … Continue reading椿と馬酔木

白梅と共に

今日の京都は雪が舞う冬らしい天気でしたが、 白梅の花を探して酒の神様の梅宮大社へ行ってきました。 梅の花は五分咲きといったところでしょうが、微かな香りが漂っていました。 その白梅と共に花見酒です。 青空をバックにして。こ … Continue reading白梅と共に