Tenmoku Reflection

油滴天目の酒杯に薔薇の花びらのリフレクションです。まずは鎌田幸二 氏の器。 西田一美 氏の天目。薔薇の花びらの葉脈と天目の文様が重なった感じがお気に入りです。 山田幹夫 氏の窯変天目。同じ天目でも少し様子が違うのが楽しい … Continue readingTenmoku Reflection

Colorfull Rose

フラワーショップで見つけたカラフルな薔薇。どうやって染めているのか不思議だなぁ。 意外にも和のテイストとマッチしている。

Water Moon

やぎもとこ 氏の「水月」という酒グラスと薔薇です。底には丸い月のような窓があります。 ガラスの盃ですが、光の当たり具合によっていろんな景色を見せてくれる器です。

Fujin Raijin

風神様と赤い薔薇の花びら、何故かマッチしました。酒杯は陶芸作品です。 雷神様は黄色の薔薇です。酒杯は古川 剛 氏の平杯。 穏やかな年末年始になるように、神様、仏様(十二面観音)に祈っておきました。

mille-feuille

ミルフィーユをイメージして作った酒杯。朽ちかけた薔薇と合わせてみました。作るのには手間がかかったけど、もう少し改良の余地はあるかな。 〇△□の要素もいれてみたけれど、普通に削り出しにすればよかったかなぁ。

Rose light

井筒俊彦 氏の天目に薔薇の花びらの透過光を当ててみました。色温度によって印象が変わるので面白いですね。 色温度を暖色系にしてカーネーションを添えてみました。

Fireworks

北澤美紀 氏の酒杯にダリアと野菊の花を。打ち上げ花火みたいかな。 薔薇の酒杯には薔薇を。これもいいかな。

Rose and Celosia

唐津の唐玄窯島谷啓介 氏の方口に赤い薔薇とケイトウを盛ってみました。 フラメンコの競演のような華やかさと締まった方口の落ち着きがいい感じです。

Rose Eater

サザエの貝殻も酒杯の一種です。その自然の造形には関心します。朽ちかけた薔薇の花を合わせると薔薇を食べる生き物のように見えてきます。 このわびさび感がお気に入りです。

Not cabbege

キャベツではありません。薔薇の種類です。たぶんグリーンに染めたものだと思います。 酒杯を鈴木明氏の器に変えて。でも、やっぱりキャベツに見えてしまうなぁ。(笑) Greenだよ。